スポンサーリンク

動的トレール量計算ツール

組立時、走行時等、様々な状況でトレール量は変化します。

具体的には、フォーク屈伸時に大きくトレール量は変化します。
また、突き出し量によっても変化します。

複雑な計算で、難解な要素ですので、自動で計算できるようにしております。
あくまで参考値ですが、ご利用ください。

必要な情報は

  1. タイヤサイズ(タイヤ直径が必要です)
  2. キャスター角
  3. フォークオフセット(突き出し量)
  4. フォーク全長
  5. フォークストローク量(最大)
  6. ステムオフセット

が必要です。

タイヤサイズの計算

入力に必要な項目は[リム幅]/[扁平率]-[インチ数]となります。
また、インチ表示のタイヤも計算可能です。
計算結果は自動的にトレール量計算に入力されます。

メトリック表示

リム幅:
扁平率:
インチ数:

インチ表示

リム幅:
インチ数:
結果

動的トレール量の計算

入力に必要な項目はタイヤ直径、キャスター角、フォークオフセット、フォーク全長、フォークストローク量、ステムオフセットとなります。また、ストローク量に対して5mm毎にトレール量が変化するグラフを生成します。

タイヤ直径:
キャスター角:
フォークオフセット(突き出し量):
フォーク全長:
フォークストローク量:
ステムオフセット:
結果

縦軸がトレール量・横軸がストローク量

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました